おつり馬券

おつり馬券

こんにちは、もとべいぞうです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。競馬は楽しんでいらっしゃいますか。

節度を持ってギャンブルを

競馬は節度をもって楽しむことが大切だと思っています。借金などをして、身の丈に合わない額を賭けることで、いろいろなものを失う可能性が出てきます。そうなると、心に余裕をもって競馬を楽しむことができなくなってしまいます。

そこで、私が実践しているおつり馬券という馬券の買い方をお勧めできればと思います。

日常で使ったお金のおつりを貯めておいて、それで馬券を買うといったものです。外れてもそこまで心にダメージはありませんし、当たった時の喜びはまたひとしおです。

負けてもいいお金をつくる

毎回競馬に使えるお金の額については人それぞれだと思いますが、外れるとそれなりの喪失感や後悔した気持ちを感じることでしょう。競馬などのギャンブルは負けてもいいお金で楽しむことが望ましいといわれていますが、その負けてもいいお金を工面することが難しいのです。用意した負けてもいいお金で負けるべく負けたとしても、後悔した気持ちはなくならないのです。

もちろんおつり馬券で勝った馬券が外れたとしても、そういった気持ちは湧いてくるのですが、「今日は1万円使おう」とお金を用意して負けた時と比べた際には、気持ちの余裕が全然違います。

私は1か月に1度くらいのペースでおつり馬券を実施して、いつもより心に余裕をもって競馬を楽しんでいます。

おつり馬券のやり方

まず、おつりを入れておく入れ物を用意します。私は適当な紙の箱を使っています。

その箱に毎日財布の中に残った小銭を入れていきます。1円や5円も全部入れていきます。

意識的におつりを作ろうとはしなくていいです。毎日普通にお金を使って、一日の終わりに財布の中にあるお金をその箱に入れるだけでいいのです。

その箱にお金がある程度たまったかな、と思ったら、そのお金で馬券を買いに行きます。

直接WINSや競馬場に行って紙馬券を買ってもいいですし、入金してPATで購入してもいいです。お勧めはATMで入金してPATで購入するやり方です。小銭も入金できるので、限界まで馬券を購入することができます。

こちらは3週間くらいためたおつりになります。

おつり馬券

このおつりをATMで入金します。私はゆうちょのATMをつかっています。

ゆうちょATM
ゆうちょ銀行のATMで入金します

キャッシュカードを入れて、お預入れを押します。

硬貨を押します。

『パカ!』という音と同時に硬貨投入口が開きます。

お金を入れて、数え終わるのを待ちます。

4444円…

集計が終わりました。4444円でした…。不吉…。

ゆうちょ銀行の口座はPATで馬券を購入するための口座にしています。今回は4400円分の馬券が買えます。

6.20 6.21とこの資金で馬券を購入しました。

6.20に出資馬のヴェスティードが出走予定だったので、応援馬券を買いました。しかし惜しくも7着でした。内容は良かったと思います。

6.21は重賞の2レース、函館スプリントSと、ユニコーンSを買います。

函館スプリントSはスイープセレリタスとメイショウショウブの単複を購入。大外れでした…。

ユニコーンSはカフェファラオを軸に購入。3着に人気薄が飛び込んできたので、単勝だけあたり!と思っていたのですが…

あれ、購入限度額が増えていない…よくよく確認してみると…

馬番号間違えて買っていました…無念…

まあ、こういうときもありますよね。次からはよく確認して購入しようと思います…

まとめ

いかがだったでしょうか。

気持ちに余裕をもって楽しめるおつり馬券は、本当にオススメです。是非試されてみてはいかがでしょうか。

もし当たったらその払戻金はすぐに引き出し、別のものに使うことをお勧めします。そのおつりをまたおつり馬券に回しましょう。