一口馬主のススメ

一口馬主をやっていてよかった、いくつものこと

こんにちは。けいば2管理者のもとべいぞうと申します。現在私は一口馬主を、キャロットクラブというクラブで行っています。一口馬主の魅力をお伝えしたく、このようなコラムを執筆するに至りました。お粗末な文章ではありますが、最後までお付き合いいただければと思います。

一口馬主ってなんだ

一口馬主は、「ひとくちうまぬし」、と読むことが多いです。「ひとくちばぬし」でも間違えではないのですが、「ひとくちうまぬし」の方が言いやすいかな。

みんなで出資して馬を買う

一口馬主は、1頭の馬をクラブ会員でお金を出し合って買う仕組みになっています。実は競走馬って非常に高額で取引されているんです。中央競馬で走っているサラブレッドはどれも高額で、数百万円、数千万円、中には数億円で取引された馬も走っています。一般市民にはそんな家を買うレベルの買い物をポンポンすることはできませんし、割愛しますが、個人で馬主になるにも、相当資産がないとなれない仕組みになっています。

そんな高額な競走馬を、クラブ会員でお金を出し合って購入し、馬主の気分を楽しめる、というのが一口馬主の魅力です。

1000万円の馬を400口で募集したとします。すると一口2.5万円で馬主の気分が楽しめるのです。クラブによっては1頭を40口で割ったり、中には10000口で割ったりするクラブもあるので、自分の本気度によって入会するクラブを選ぶといいでしょう。

ちなみにキャロットクラブは中央馬は400口での募集になるので、出資する馬によっては非常にリーズナブルに楽しむことができます。血統が良かったり、兄弟が重賞を勝っていたりするような高額な馬の募集もあります。

そのような馬は10000万円を超えるような募集となることも多く、仮に12000万円の募集だと一口が30万円にもなりますので、かなり敷居が上がります。しかし、1000万円から2000万円までの価格帯での募集も結構ありますので、そこまでお金を出さないでも十分楽しむことができます。

みんなでお金を出し合って、馬主気分を味わう。

これが一言で言う一口馬主の醍醐味だと思います。

一口馬主をやっていて良かったこと①

競馬に詳しくなる

漠然とした個人的な感想にはなりますが、一口馬主をするようになってから、かなり競馬に詳しくなったように思います。順序的には競馬をどんどん知ることで、一口馬主を魅力的に感じるようになり、一口馬主をするようになって競馬のことをもっと深く知れるようになった、という流れでしょうか。

会報が毎月届く

キャロットクラブ会報誌
キャロットクラブの会報誌

キャロットクラブの場合、毎月会報が送られてきます。かなり内容の濃い情報が書かれているので、毎月楽しみにしています。調教師の先生や厩務員の方々たちへの貴重なインタビューや、有名ライターさんが会報向けに記事を書いてくださっています。

まだ当選したことはありませんが、競馬関係者しか入手できなそうな貴重なプレゼントがされていたりもします。

公式ホームページで出資馬の様子がわかる

更新状況がわかる

キャロットクラブは、毎週所属馬の近況を公式ホームページで公開しています。所属馬の牧場での様子やトレーニングセンターでの調教の様子や、それについての調教師のコメント、出走予定なども公開されています。

そういった公式ホームページの更新内容を見ることで、かなり競馬の知識が広がりました。

例えば○○日は美浦南Wコースで追い切りを行いました。(65秒5ー50秒7ー37秒4ー12秒5)のような近況が更新されます。当初は意味が全くわかりませんでしたが、今はそれぞれの言葉の意味がなんとなくわかります。

また、牧場にいる時も周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。というような更新があります。そういった更新を見ながら、順調そうだな、もう少しでトレセンに移動だな、と思ったりしています。

レース終了後にも、レースの振り返りのコメントや、騎手のコメントが公開されています。展開や脚質のようなものの理解も、こういったコメントみて知識が広がったように感じています。

一口馬主をやることで、確実に競馬の知識が広くなったことを実感しています。

一口馬主をやっていて良かったこと②

馬券にお金を使わなくなった

応援馬券
応援馬券は少額で買っています。

これは私の個人的な事象なんだとは思いますが、一口馬主をするようになってから、馬券に使うお金の額が激減しました。

もちろん今でも馬券は購入するのですが、以前よりも購入する額は減っています。馬券を買わないでも、競馬が楽しめるようになってきているからなのかもしれません。

競馬が詳しくなってきたことに繋がることなのかもしれませんが、馬券が当たってお金が増えた、という快感よりも、予想が当たったという快感にシフトしてきているような感じがします。

馬の背景を考えるようになった

一口馬主を初めてからの変化で、時々出走する馬のバックボーンを考えるようになりました。

会報で所属馬の様子が毎週送られてきます。もちろん、順調な馬ばかりではありません。骨折で療養中の馬、屈腱炎で長期休んでいる馬、そういった馬たちの様子も毎週送られてくるのです。

経済動物と言われればそれまでなのですが、馬も含めてそれを支えるのに頑張っている人たちがたくさんいるのだな、という思いが一層強くなったように思います。

それまでは、自分の買っていた馬が負けると、ネット競馬の掲示板のその馬のページに行き、同士が書き込む悪口に共感したりもしていました。しかし、一口馬主になってからは、とてもそんな気持ちになれなくなりました。「惜しかった」とか「次は頑張って」とか、優しい言葉を書き込めるようになりました。

大金をかけると少なからずそういった怒りの感情が出てしまうので、そうならないために、大金をかけなくなったのかもしれません。

一方で、自分の応援している馬が勝った時の喜びはひとしおです。的中したら一層嬉しく、外れてもそんなにイライラしない、そういった競馬を楽しむことができています。

一口馬主をやっていて良かったこと③

毎週の楽しみが増える

一口馬主をやっていて良かったこと、3つ目は毎週の楽しみが増えるということです。楽しみが増えると毎日の生活が生き生きしてきます。

出資馬の近況の更新が楽しみ

公式ホームページにアップロードされる出資馬の近況報告をとても楽しみにしています。牧場にいる時、トレセンにいる時とで更新日が異なるのですが、火水木曜で大体の更新が終了します。なので毎週火水木曜日は個人的に楽しみにしています。

出資馬の出走が楽しみ

出資馬の出走が決まると、出走までは楽しみすぎて気が気ではありません。

まず、前週の日曜日の段階で特別登録されている場合は、他の登録メンバーも含めて発表があります。相手関係や展開、想定の騎手を考えたりしてワクワクします。

特別登録でない場合も、週の半ばで出走の想定がでます。除外対象で出走が確定されない場合はそれもドキドキ。木曜日に出走が確定した後は、土曜のレースであれば金曜日に、日曜日のレースであれば土曜日に枠番が発表されます。枠順で有利不利があるコースだと枠順の発表も緊張します。

枠順が発表された後は、専門誌等の評価にドキドキ。

レース当日、まずは出走の1時間前に馬体中が発表されるので、それもドキドキ。パドックでの様子を見てドキドキ。レースでは出遅れないで無事スタートしてくれるか、着順はどうか、等々常にドキドキハラハラの状態です。

そういった高揚感も一口馬主の醍醐味ではないでしょうか。出走が決まれば楽しむポイントがたくさんあって、気が休まりません。

一口馬主をやっていて良かったこと④

馬主席で観覧できる

東京競馬場馬主席
東京競馬場の馬主席入口

さて、今までは精神論的な個人の主観による見解でしたが、実際の馬主になったメリットについてお話ししたいと思います。まずは、馬主席での観覧ができるということ。

キャロットクラブでは、各競馬場の馬主席での観覧を抽選で募集しています。G1開催の曜日でなければ、大抵募集があります。

全く当選しない、という確率ではない感じで、私自身、東京競馬場と、中山競馬場での観覧に当選したことがあります。

中山競馬場は、室内指定席の上の方の席といっただけで、そこまで特別な感じはありませんでした。もちろん馬主席エリアの通行証を持っていないと入れないエリアにはなっていて、投票所も空いています。

中山競馬場馬主席
中山競馬場馬主席章
中山競馬場馬主席エリア
中山競馬場馬主席エリア

しかし、指定席と同じ空間であるため、そこまでプライオリティー感は感じられませんでした。ただ東京競馬場の馬主席と違って室内なので、冬の開催では非常に観戦しやすいと思います。

中山競馬場馬主席より
ゴール手前の絶好の席でした

一方東京競馬場はというと、馬主席入り口から入り、手続きを済ませ、エレベーターで上まで上がります。フジビュースタントの一般指定席の上の階が、全て馬主席となっています。観戦の席自体はABCの指定席と同じで吹きっさらしの屋外なので、冬は寒い・・・2月に当選して観覧に行った際は、とても寒かったです。室内にもソファーのような椅子が設置されているので、そちらで観戦している方の方が多かった印象があります。

正装が義務付けられていますが、これも普段の競馬観戦ではありえないことなので、いつもとは違う特別な感じを持って競馬に臨むことができます。スーツで競馬場に行くと気が引き締まります。

馬主席には一人で行っても楽しめますし、キャロットクラブでは1人まで同行者をつけることができます。馬主席で、普段と違う競馬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

一口馬主をやっていて良かったこと⑤

優勝時の記念撮影に参加できる

一口馬主では、出資馬がレースで優勝した際に行われる、記念撮影に参加できます。この記念撮影は口どりとも呼ばれています。

キャロットクラブでは出資馬の出走が確定してから、口どりの応募が行われます。通常のレースでは10名、中央の重賞となれば20名の募集があります。この口どりの当選確率も、そこまで低いものではありません、開催場所の競馬場にもよりますが、メインの競馬場で2倍から6倍くらいの当選率です。

ローカル開催の競馬場であれば、口どり希望者が10名以下ということもままあります。

私自身も、行けそうな競馬場の時は積極的に応募していますが、実際に口どりに参加できたのは1回のみです。口どりに当選しても、出資馬が優勝しないことにはいけないわけですから、そこでかなりハードルが上がります。

しかし、これも馬主席で競馬観戦するときと同じような感覚なのですが、口どりに当選した状態で競馬場で見るパドックやレースは非常に感慨深いものがあります。口どりの記念撮影が出来なくとも、いつもとは違った気持ちで競馬を楽しむことができます。

キャロットクラブの場合、口どりに当選したというメールが金曜日の夕方に届くのですが、そこからレースが終わるまで、気が気ではありません。

2019.11.9 ジェネティクス オキザリス賞

2019.11.9 出資馬のジェネティクスが東京競馬場でオキザリス賞に出走することが決定しました。すかさず口どりに応募し、見事に当選しました。

ジェネティクス
筋肉ムキムキで、気配は抜群だったジェネティクス

鞍上は世界のスミヨンで、圧倒的人気の単勝1.7倍。ドキドキしながらパドックを見ていましたが、迫力の周回で、これはもらったと思いました。

応援馬券を購入し、口どりの集合場所にすぐに駆けつけることができるよう、ターフィーショップの前あたりで観戦。

余裕のある手応えで直線に向きましたが、伸びきれず4着。勝てると思っていただけにショックは大きかったです・・・。

勝てればなお良かったのですが、口どり当選からレースが終わるまでのドキドキと高揚感はなんとも言えないものがありました。

こういったドキドキを味わえるのも一口馬主ならではと言えるでしょう。

2018.12.9 ノーヴァレンダ 全日本2歳優駿

私の唯一の口どりが、ノーヴァレンダの全日本2歳優駿の時のものです。まさか初の口どりが地方交流重賞になるとは思いませんでした。

ノーヴァレンダ
首を激しく振って歩くノーヴァレンダ

5番人気で中央勢としてはあまり人気のない方だったので、軽い気持ちで観戦していました。ずっと関西で使ってきていたので、ノーヴァレンダを生で見るのも初めてでした。

この時は川崎競馬場にもあまり行ったことがなかったので、私自身かなり緊張していました。本来であれば名物の焼きそばなどで腹を満たすつもりでいたのですが、気が張っていて全くお腹が空きませんでした。

ノーヴァレンダのパドックでの様子は、『イレこんでる』と評価する人もいるくらい、首をブンブン振って、気合の入っている様子でした。自分はというと、とりあえず写真を撮るのに夢中でした。

レースは集合場所の近く、ゴール板を少し過ぎたあたりの1コーナー手前で観戦していました。スタート直後はこちらに一斉に各馬が向かってくるので、大迫力!その中にノーヴァーレンダすごい勢いで突っ込んできました。先頭集団に取り次ぎ、3コーナーの手前で先頭に立ちます。直線に入り、ルメール騎乗のガルヴィハーラとの壮絶な叩き合い。ガルヴィハーラとの叩き合いを制し、一歩抜け出し、勝ったと思った矢先、デムーロ騎乗のデルマルーブルが物凄い足で突っ込んできます。

すごい勢いで差を詰められ、デルマルーブルに並ばられたところが丁度ゴールでした。モニターのスロー画面でゴールの瞬間を確認します。

…ギリギリ首差で凌いでいる!つい手をパチンと叩いてしまいました。すぐに口どりの集合場所に向かいます。

すでに何人か集まっていらっしゃいましたが、すぐに係の人が来られます。まだレースの確定はしていませんが、苗字で点呼を取られます。点呼が終わってすぐにレースが確定しました。

関係者入り口を通って馬場に入ります。川崎のダートをこの時初めて踏みしめましたが、非常に歩きにくい、とても深い砂だったことが印象に残っています。

出資者の方々、自分を含めて10名と斎藤調教師、北村友一騎手、キャロットクラブ会長、以上のメンバーで見事記念撮影を行うことができました。

北村友一騎手はとても好青年なナイスガイで、出資者の皆さんに「おめでとうございます!」と声を掛けられていました。口どり参加の注意事項に、「騎手や調教師には話しかけてはいけない」という項目があったので、少し戸惑ってしまいましたが、こちらも「おめでとうございます!」と声を掛けさせていただきました。

その後北村友一騎手はアルアインやクロノジェネシスでG1を勝っていくのですが、この時は初JPN1制覇でした。その後優勝の表彰式を見てから帰路に着いたのですが、この時は興奮してしまい、なかなか眠れなかったことを覚えています。

この時は非常に運が良かったのですが、一口馬主をやっていて良かったと、心から思いました。辛いことがあったり、しんどい時には、この時のレースを見て踏ん張るようにしています。

一口馬主をやっていて良かったこと⑥

宝物が増える

1番の宝物は出資馬の思い出といった、記憶になってくるのですが、その思い出や記憶を彩る宝物が、一口馬主をしていると数多く手に入ります。キャロットクラブで一口馬主をやっている私の宝物をご紹介します。

出資馬の写真

キャロット クラブでは、様々なタイミングで出資馬の写真が送られてきます。

デビュー時の写真
ノーヴァレンダデビュー時の写真

まず出資馬のデビューが決まると、写真が送られてきます。小さいサイズの写真ではありますが、非常に感慨深いものとなります。

出走が決まったレースと、騎乗予定の騎手が書かれた案内と一緒に送られてきます。

勝利写真
出資馬の勝利写真

出資馬が優勝時すると、その時のゴールの写真が送られてきます。デビューの時の写真サイズよりも大きい2Lサイズの写真が送られてきます。

記念品

重賞優勝時に作られる記念品。こちらは出資馬のノーヴァレンダが全日本優駿を優勝した時に作られた記念日です。缶バッジと特製クオカードです。

ノーヴァレンダカンバッジ
ノーヴァレンダの缶バッジ
ノーヴァレンダクオカード
ノーヴァレンダのクオカード
ノーヴァレンダ記念品
ノーヴァレンダ記念品

記念品作製にかかる費用が、優勝賞金の分配金から引かれはしますが、思い出はプライスレス。

カレンダー

キャロットクラブは、毎年年末に翌年のカレンダーを会員全員に配布しています。それぞれの月を飾るのは前年度に活躍した馬が多いですね。

キャロットクラブカレンダー
キャロットクラブカレンダー

2020年の1月は出資馬のノーヴァレンダ!

会報誌

毎月送られてくる、キャロットクラブの会報誌も宝物の一つです。出資馬が優勝すると、出資者の感想コメントと共に掲載されます。

私自身はノーヴァレンダの全日本2歳優駿と、ジェネティクスの新馬戦で、感想コメントが採用されました!

会報ノーヴァレンダ
ノーヴァレンダ会報誌
ジェネティクス会報

いかがでしたでしょうか。一口馬主をすることで、さらに競馬が楽しくなること間違いなし。

あなたも一口馬主始めてみませんか。