福島1800

2020年ラジオNIKKEI賞予想

第69回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)3歳オープン 1,800(芝)ハンデ

2020.7.5(日) 福島11R 15:45発走

3歳のハンデキャップ戦。ハンデ戦らしく波乱傾向で、難解なレース。例年よりも1勝クラスを勝ってきた馬が多く、どの馬にもチャンスがあるような印象です。

JRAデータ分析

①斤量の軽すぎる馬は不振

斤量の軽すぎる馬は成績がよくありません。53キロ未満の馬の成績は、過去10年間3着以内に入ったことがありません。

②過去1800~2000mのレースで優勝した馬

この条件に加え、10頭以上出走しているレースということが条件です。今回は出走馬のほとんどに該当している条件です。

③中4~7週の馬

極端に間隔が短かったり、休養明けの馬の成績がよくありません。中4週から7週の馬の成績が良い傾向にあります。

④前走の上がりタイムが2着以内の馬

前走の上がりタイムが2着以内の馬の成績が良好です。

⑤牝馬の成績が良くない

牝馬の成績がよくありません。牝馬の出走自体が多くないので、2020年においてはそこまで気にしなくてもよさそうです。

傾向から考える予想

◎サクラトゥジュール

条件に一番ハマっているのがこの馬でした。しかしネオユニヴァース産駒の福島1800の成績がよろしくありません。馬場も良馬場でしか走ったことがないのですが、おそらく重めの馬場になることが予想されます。その辺は走ってみないとわからないのですが、どうでしょうか。