函館2000

サマースプリントシリーズ 第27回 函館スプリントステークス(GⅢ)2020.6.21 函館 11R 15:25 発走

3歳以上オープン 1,200(芝)別定

サマースプリントシリーズの1戦目。力関係が難解で、波乱決着も多いレース。

JRAデータ分析

①前走から距離短縮している馬

前走芝1400m以上からの距離短縮で臨んでいる馬の成績が良い。

②4歳以下の牝馬

過去10年では4歳以下の牝馬の優勝が4回と、ずば抜けて高い。連対率、3着内率も優秀。

③オープン以上の芝1400mで好走した馬

過去の優勝馬のほとんどが、オープン以上の1400mで好走しているというデータがある。1200mだが力のいる洋芝というコース適正が問われている。

傾向からみる予想

◎スイープセレリタス

1400mからの距離短縮で4歳の牝馬。これまで3勝クラスで堅実に戦ってきた実績もある。そこまで人気もなく、馬券妙味あり。

○メイショウショウブ

最近成績は振るわないが、重賞での連対経験も数回あり、実力はある馬。今回1200mに距離が短縮されて持ち味が生きてくる。大外枠は割引だが、阪神Cの時のような走りができれば。

2020年函館スプリントステークス予想