2020年目黒記念予想

2020年目黒記念

2020.5.31 東京 12R 第134回 農林水産省賞典
目黒記念(GⅡ)4歳以上オープン 2,500(芝)ハンデ

日本ダービー後に行われる、芝2500mのハンデ戦。毎年難解で、まさに高知競馬の一発逆転ファイナルレースの中央競馬バージョン。さらに傷口を広げるパターンのほうが多そうですが…。

丁度いいハンデの馬

あまり重すぎたり、軽すぎたりする斤量よりは、54kgから56kgの中間の斤量の馬が好走傾向にあります。統計的には、この斤量の馬の出走が多いから、という理由もありそうですが。

関東馬より関西馬

美浦所属の馬よりも栗東所属の馬のほうが成績が良い傾向にあります。

今年オープンクラスの芝2400.芝2500で馬券になっている馬

今年走っているオープンの芝2400.2500のレースで、3着以内に来ている馬の勝率が、該当していない場合と比較した際に、かなり差が出ています。

該当馬
ウラヌスチャーム

前走 メトロポリタンS(L) 1着 (6番人気)

タイセイトレイル

前走 メトロポリタンS(L) 3着 (3番人気)

前走3勝クラス優勝馬

近年では緑風Sや早春Sを勝ってきた馬たちが馬券になっています。そういった傾向から3勝クラスを勝ち上がってきた馬たちも侮れないと考えています。

該当馬
ゴールドギア

前走 緑風S 1着 (5番人気)

キングオブコージ

前走 湾岸S  1着 (1番人気)

バラックパリンカ

前走 御堂筋S 1着 (4番人気)

傾向からみる結論

例年どおりの傾向であれば、そこそこ荒れることが予想されます。大荒れというよりも中穴の馬が好走するイメージ。

◎タイセイトレイル

今年に入って東京では安定して走っているイメージ。展開一つで勝てる。鞍上がデムーロであることも心強い。

○ウラヌスチャーム

メトロポリタンSを逃げ切りで優勝。横山典騎手の技量が大きいと思うが、力はある馬。

▲キングオブコージ

横山典騎手で3連勝中。東京では結果を出せていないが、この勢いのままあっさり勝利も。

☆ゴールドギア

荒れることを考えた時に、妙味がありそうなのがこの馬。早い上がりを使えるので後方からの怒涛の追い上げに興奮したい。出遅れないことを願いたい。頭の可能性は低いかもしれないが、馬券になる可能性は全然ある。

また、最終見解も出したいと思います。

土曜日の最終見解

事前予想と変わらず

◎タイセイトレイル
○ウラヌスチャーム
▲キングオブコージ
☆ゴールドギア

◎○▲☆の馬連ワイドBOXで勝負します。

結果

1着 キングオブコージ ▲

強い、上手い、流石横山典といった勝ち方でした。この連勝の勢いはすごいですね。

2着 アイスバブル 無印

去年2着にだっただけに、この舞台は強いですね。来年も出走するようであれば抑えましょう。

3着 ステイフーリッシュ 無印

57.5と重い斤量でしたが頑張りました。重賞で安定して走っているだけに、自力はとてもありますね。今後も注目したいと思います。

ゴールドギアもいい走りをしていて惜しかった!前が詰まらなければ馬券になってました。